業界記事

9億余で優良道維持管理/八ケ岳大橋下山腹を受託/16年度事業計画

2004-06-10

 県道路公社の今年度事業計画概要がまとまった。それによると、道路管理に9億6160万8000円、受託業務に8968万4000円などを予定し、富士山有料道路や雁坂トンネル有料道路の管理・運営や、八ケ岳大橋下山腹工事などの受託事業を進める。
 同公社では今年度、県が推進する「やまなしの道づくり新構想」実現のため、有料道路制度を効果的に活用し、人・環境にやさしい1時間ネットワークづくりを支援するとともに、駐車場の整備等を通じ、都市機能の維持および住民の生活環境の保全を図る。
 このうち、有料道路事業では(1)富士山有料道路(L29・5k)(2)河口湖大橋有料道路(L1・6k)(3)清里高原有料道路(L3・1k)(4)雁坂トンネル有料道路(L6・8k)の維持管理・料金徴収業務を進める。
 また、駐車場事業では、
 田富高架下駐車場(4800㎡、157台)の管理運営を実施。
 さらに、受託事業で(1)富士山有料道路マイカー規制業務(県から受託、8月7~16日)(2)一般国道140号(2・9k)維持管理業務(山梨、埼玉両県から受託)(3)須玉八ケ岳公園線八ケ岳大橋下山腹工事業務(県から受託)を行う。
 予算計画は次のとおり。
【営業費用】
◆道路管理=9億6160万8000円
◆駐車場管理=294万9000円
◆一般管理=7846万4000円
【受託業務】
◆受託業務=8968万4000円
【改良費】
◆有料道路設備改良=187万5000円

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野