業界記事

大滝トンネル開設など/秩父合併協が県事業示す

2004-06-08

 秩父市、吉田町、大滝村、荒川村で構成する秩父合併協議会は4日、新市まちづくり計画(新市建設計画)を原案通り承認した。5月19日の提案に対し、1プロジェクトを追加、県事業および財政計画を盛り込み完成形となっている。県事業では、国道140号整備、(仮称)大滝トンネル開設など道路整備が中心となっている。
 新市における県事業については、県との内協議を行い、まとめたもの。道路、河川・砂防、森林の保全および整備、生活環境改善などの施策展開が示されている。事務局からの説明の中で、大滝トンネルに関して、10年間での完成は確約できないが、少なくとも何らかの形で着手はするだろうと話している。主な事業は以下のとおり。
【地域交通基盤の整備】
▽国道140号バイパス整備▽国道140号改良整備▽(仮称)大滝トンネル開設▽国道299号整備▽皆野両神荒川線改良▽秩父児玉線改修事業▽高崎神流秩父線早期開通と改良整備▽秩父荒川線改良事業▽秩父多摩甲斐国立公園三峰線整備▽下小鹿野吉田線『吉田中央バイパス南線』早期整備▽下日野沢東門平吉田線改良▽石間下吉田線早期整備
【河川・砂防施設の整備】
▽赤平川(吉田川合流点付近)河川整備▽地すべり対策・通常砂防事業・急傾斜地崩壊対策事業推進
【森林の保全および整備の推進】
▽荒廃した山地の復旧や災害の未然防止のための治山施設整備▽機能の低下した保安林の間伐などによる整備▽森林管理道(秩父中央線)開設
【生活環境の改善およpび河川の水質保全】
▽浄化槽市町村整備推進事業に係る支援

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野