業界記事

くじ引き制度を導入/予定価格と最低制限価格の決定方法

2004-06-08

 西茨城郡岩間町は、現在、試行的に実施している条件付き一般競争入札(郵便入札)の一部制度の改正を行い、今年6月から予定価格及び最低制限価格の決定方法に「くじ」を導入することを決めた。また、これに伴い希望価格も事前公表を行う。
 同町では、条件付き一般競争入札(郵便入札)を昨年7月から試行的に導入。原則、希望価格(消費税抜)2000万円以上の建設工事を対象に一般競争入札を行っている。
 今回の制度改正は、入札制度の一層の透明性を図ることを目的に、条件付き一般競争入札に付された入札案件のみを対象に、予定価格及び最低制限価格を「くじ」で決定するほか、希望価格についても事前公表を行うもの。
 このうち、予定価格は、公表される希望価格に対し、開札時に立合人3名が引いた「くじ」により決定した掛け率から算出する。掛け率の範囲は95・00%~98・99%までで、くじを引く立会人3名により掛け率の下3桁を決定する。
 また、最低制限価格は、予定価格に75%を掛けて算出する。
 なお、いずれの価格も1万円止め、1万円未満は切り捨てとなる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野