業界記事

9・9%増の7383億円/大手50社の4月受注動態

2004-06-03

 国土交通省は大手50社の平成16年4月分の建設工事受注動態調査をまとめた。それによると、4月の受注総額は7383億円で、前年同月比9・9%増。国内では、公共工事は減少、民間工事は増加した。国内受注総額は6945億円で、同12・2%増。
 4月の民間工事は5867億円で、同27・4%増。工種別では建築は増加、土木は減少した。工場・発電所、事務所・庁舎、店舗などが増加し、鉄道、住宅、土地造成などが減少した。
 4月の公共工事は720億円で、同40・3%減。工種別では建築、土木ともに減少した。工場・発電所、店舗、宿泊施設などが増加し、土地造成、道路、港湾空港などが減少した。
 4月の海外受注は438億円で、前年同月比16・9%減。
 4月の建設関連業の動態は測量業50社の契約総額は74億円で、前年同月比12・3%増。建設コンサルタント50社の契約総額は352億円で、同11・3%減。地質調査業50社の契約総額は70億円で、同3・1%減。
 建築設計業務90社の動態は概算延べ床面積174万7000㎡で、同58・6%増。このうち民間は157万7000㎡で、同89・9%増。公共は17万㎡で、同37・3%減。
 建設機械器具リース業50社の売上げは132億円で、同7・6%減。重仮設リース業8社は52億円で、同1・9%増。軽仮設リース業15社は54億円で、同7・1%増。
 設備工事業各工事主要20社の3月分受注高は総額4145億円で、同1・6%減。発注者別にみると、民間は3483億円で、同0・5%減。官公庁は662億円で、同6・7%減。工事種別にみると、電気工事は1741億円で、同3・7%減。管工事は2258億円で、同1・2%増。計装工事は319億円で、同5・5%減。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野