業界記事

整備率72・6%目指す/生活廃水処理基本計画

2004-06-02

 寄居町は、生活排水処理基本計画をまとめた。計画目標年次を27年度とし、公共下水道、農業集落排水事業などを積極的に進め、生活排水処理整備率72・6%を目指す。
 基本方針は公共下水、農集排など5項目を設定。公共下水道は、用途指定地域とその周辺地域で積極的に整備を推進。15年度に20年3月を事業完了とし、47・2haの認可区域拡大を行っている。
 農業集落排水は、農村の住宅密度に応じた処理区の見直し、事業の効率性を高め整備を推進。地元の実施体制などにより順次整備し、予定地区を定め、段階的整備を進める。
 両区域以外は、合併処理浄化槽設置を推進。また、単独処理浄化槽については、合併処理浄化槽への転換を進める。
 全体として、効率性、経済性を考慮し、地域特性に見合った排水処理施設の整備を行っていく。
 また、整備率については、中間目標年の22年度に63・4%、目標年の27年度72・6%。
 なお、同計画は15年度、コーセツコンサルタント埼玉営業所(さいたま市、電話048-640-5411)が参画し策定した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野