業界記事

県下で2500名が参加/第17回道路クリーン作戦

2004-06-01

 社団法人群馬県建設業協会の主催による第17回「道路クリーン作戦」が5月28日、県下一斉に実施された。拠点地となった太田地区では、関係者らが多数参加し、同協会太田支部において出動式を行った。
 開式後、主催者を代表して建設業協会太田支部の斎藤勇支部長があいさつに立ち「道路をきれいにし、地域の皆さんが快く使えるようなことをやろうとして始めた運動も、17回目を迎えました。今日は皆さんとともに、全長114kmの清掃作業を行います。事故の無いように1日、一生懸命やっていきましょう」と参加者に呼びかけた。
 来賓激励祝辞では、1市3町を代表して清水聖義太田市長は「私共、太田市も自分の出来る小さな範囲ですが、職員を上げて清掃活動に取り組んでいます。道は、私たちの心の鏡でもあります。太田地区の鏡を造るという意味で力を注いで下さい」と激励した。続いて国土交通省高崎河川国道事務所の村山一弥所長は「今日は県下12支部、2500名が参加して頂きますが、クリーン作戦という取り組みに感謝するとともに、深く敬意を表します。こういった活動を行うことで、地元の皆様の手本となり、浸透することを期待しています」とクリーン作戦の重要性を述べた。さらに県県土整備局道路企画管理課の室田道博課長は「美しい道路、美しい環境を整えることは、地域や街づくりにとって基本となるものです。今日は県下一斉で、クリーン作戦を実施していただいていますが、御礼を申しますとともに、路上の作業となりますので安全に作業を進めることをお願いします」とあいさつした。最後に建設業協会の小島秀薫会長が「今日一日、交通事故に遭わないように一生懸命頑張りましょう」とエールを送った。
 その後、建設業協会太田支部土木舗装技術部会の布施雅胤部会長から実施要項の説明があり閉会後、各班毎に国道4路線(27・2km)、県道8路線(38・8km)、太田市道6路線(20・5km)、尾島町道7路線(10・5km)、新田町道4路線(7・0km)、薮塚町道3路線(10・4km)の清掃作業がスタートした。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野