業界記事

5月にも採択決定/あぜ道せせらぎ事業

2004-04-27

 県農業基盤整備課は、昔ながらの農業用水路やため池等の復活、保存を目的とする「あぜ道とせせらぎづくり事業」で、現在市町村等からの申請を受け付けており、早ければ5月にも採択決定となる見込み。
 この事業は、中山間ふるさと・水と土保全対策事業の一環。学校の完全週休2日制を機に、情緒豊かでたくましい子どもを育てる環境を整えるとともに、水の大切さを再認識してもらうためにスタートした。
 支援は、<1>活動支援<2>簡易整備<3>体制整備の3事業に区分。
 子どもたちの遊びの場、自然環境の場としてふさわしい地区、農業用水路等の施設をあぜ道とせせらぎ事業に登録された地区の活動費を助成するのが活動推進。
 また、登録施設の安全施設などの経費を支援するのが簡易整備。
 さらに、登録の前の段階で利活用計画策定費や地域協議会設立費を支援するのが体制整備。
 補助対象は、活動推進が活動団体で、簡易整備と体制整備は市町村となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野