業界記事

今年度は基本・実施設計に着手/あけぼの養護学校の改修計画

2004-04-24

 山梨県は韮崎市旭町の県社会福祉村内にある、あけぼの養護学校校舎の改修等の整備を計画しており、今年度は同基本・実施設計等を進める予定だ。
 韮崎市旭町外地内の福祉村敷地内にある同養護学校は「あけぼの医療福祉センター」に入所・通所している児童や生徒を対象に設置されたもので、医療・訓練を受けながら小学校、中学校及び高等学校に準じた教育を実施している。医療センターについては、今年度から3か年の継続事業で施設の改築整備が計画されるが、これにあわせて養護学校校舎の整備するもの。
 既存の養護学校の校舎は昭和49~63年にかけて整備されたもので、RC造平家建ての校舎棟に、小・中学部(3、991㎡・13クラス)、高等学部(726㎡・11クラス)を備えている。整備の内容としては、教室など既存校舎内のバリアフリー化などの改修を中心に行うほか、建物の一部を増築し、新たに屋内プールの設置も計画する。
 今年度は当初予算で同基本・設計委託費(3、452万7、000円)を予算化しており、年内には同設計業務を委託し、整備内容の詳細を詰める。工事の実施時期は、来年度を見込んでいる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野