業界記事

一般競争の対象拡大、設計金額2000万円以上に

2004-04-24

 鹿嶋市は、入札制度の一部改正を行い、平成16年度から建設工事に係る一般競争入札対象額を工事種別を問わず、設計金額が2000万円以上に変更した。
 市の一般競争入札の対象額は、これまで建築一式工事で設計金額が3億円以上、その他工事で1億円以上の建設工事としていた。
 今回の改正では、工事種別に関わりなく、一律、設計金額2000万円以上としたことで、一般競争入札の対象範囲を拡大し、入札・契約の競争性の確立、公正性及び透明性のより一層の向上を図る意向。
 担当課では、今年度の一般競争入札実施予定件数は、5・6件程度を見込んでいるという。すでに、変更後初の条件付き一般競争入札(16鹿下第4号、平井第1地区汚水管整備工事、5月7日入札、工期110日間)を今月21日付けで公告している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野