業界記事

土木中心に81件/富士吉田市16年度工事発注見通し

2004-04-23

 富士吉田市は、今年度の公共工事発注計画(全81件)を明らかにした。入札適性化法に基づき、4月1日現在で見込まれる1件あたり250万円以上の工事の公表を行ったもの。主な工種別内訳は、一般土木55件、道路側溝改修5件、農林土木4件、建築4件、道路改良2件など。
 このうち、今年度の主な事業として、下吉田東小学校の耐震補強工事を施す。同市下吉田地内の昭和50年建設の校舎(RC3階建・延べ約1、980㎡)を対象に、夏期休暇中の施工を予定する。耐震診断業務と耐震設計業務は、ともに山小建築設計事務所(富士吉田市新西原)で策定済みとなっている。
 また、地下水観測井戸掘削及びモニタリング機器設置工事は、同市域の地下水の保全と、有効利用の推進を図るため、市内4箇所に地下水観測井戸を設置し、地下水環境(水量・水位・水質)の3年間以上のデータを観測する装置を備える。第1四半期中にも、地下水を観測する井戸の掘削と、観測機器の設置工事を発注する予定。
 市内の道路工事関連では、改良工事12件、改良舗装工事12件、水路工事3件、舗装工事2件を予定。このうち、同市上吉田地内の東富士1号線整備事業(L297・5m、W5・5m)、同市上吉田地内の赤坂線整備事業(L17m、W5・5m)は、それぞれ11か月の工期で道路改良舗装工事を施し、第2四半期の発注を予定している。
 下水道事業関連では、国庫事業の管渠布設工事を市内5工区に分けて、第1、3四半期にも発注する。また、市単独事業でも管渠布設工事を18工区に分け、第1~2四半期中に順次工事発注の見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野