業界記事

建設関係5分割で発注へ/市民病院新築/第2四半期に一般競争

2004-04-23

 新潟市が今年度から着工する新潟市民病院新築工事は、建設関係を5分割(建築本体、電気設備、衛生設備、空気調和設備、昇降機設置)で第2四半期に一般競争で入札する見通しだ。また、ガス設備工事(屋内・外ガス配管)については随意契約で発注する。工期はいずれも約46か月を見込む。
 建設場所は、同市鐘木463番地7ほか地内。敷地面積約8万㎡。
 施設規模は、CFT+S造(免震構造)10階建て延べ4万9、985㎡。基礎工は杭基礎となる。
 設備工事関係の概要は次の通り。
▽電気設備=各種弱電、防災、受変電、幹線、動力、電灯コンセント設備
▽衛生設備=医療ガス、排水処理、RI処理、衛生器具、給水、排水、給湯、消火設備
▽空気調和設備=床暖房、自動制御、無菌病室、熱源機器、空気調和、換気、排煙設備
▽昇降機設置=人員用15基、小荷物専用昇降機1基、エスカレーター昇降1基
 秋までには着工し、平成19年4月の本体工事竣工、同年9月の開院を予定している。
 当初予算案には平成19年度までの継続費(工事費)に総額228億8、800万円を設定した。
 基本・実施設計業務は、在京の(株)伊藤喜三郎建築研究所が担当。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野