業界記事

高木と川建に決まる/仏岩地すべりCM工事

2004-04-22

 県中野建設事務所は20日、CM方式を採用した山ノ内町仏岩地すべり対策工事仏岩2及び3の落札者をそれぞれ高木建設(落札額7978万円、落札率72・8%)と川中島建設(同5677万6000円、68・2%)に決めた。
 開札時において高木建設は第4候補、川中島建設は第2候補であったが、いずれも上位候補者が失格し、繰り上がった。
 CMRは今日見積り
 今回採用するCM方式はCMRを工事に統括せず単独で委託契約する「ピューアCM方式」と呼ばれるもので、県下では初、全国でも数件の採用例しかない発注方法。なお、公募型プロポーザルで委託者選定を行ったCMR業務は特定案を内定済みで、今日22日に見積りを徴集する。委託者は契約締結後公表する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野