業界記事

初の小委員会開催/まちづくり計画策定へ

2004-04-21

 秩父市、吉田町、荒川村、大滝村で構成する秩父合併協議会の第1回新市まちづくり計画作成小委員会が、きょう(21日)開催される。会場は、秩父宮市民会館の3階。時間は午後1時30分から。
 同協議会は、6日の秩父地域合併協解散を受けて同日発足。会長の猪野正一吉田町長はあいさつで、基本的には、これまでの議論は引き継ぐ考えを示すとともに「新市のビジョンなど速やかに住民へ示せるよう、特段の協力をお願いする」としている。
 秩父地域協議会では、構想レベルまでが策定された。この中で基盤整備については、市内20分道路構想を掲げ、小鹿野~吉田間、秩父~小鹿野間、大滝~荒川間の3tネル建設に150億円規模を投資するなどとしていた。構成自治体が変わったことで、3tネルのうち、大滝~荒川間は新市内道路となるが、ほか2つは新市外へ繋がる道路となる。
 なお、合併特例債の標準全体事業費は、約234億6、000万円の試算(総務省HPから)となる。
 第2回協議会は、28日に開催予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野