業界記事

整備基本計画を策定/生涯学習施設のあり方

2004-04-20

 寄居町は、生涯学習施設のあり方について調査・研究し、整備基本計画を作成する。業務委託に50万円を確保した。検討方法などは今後調整する。同計画を今後の生涯学習施設整備の基本としていく。
 町内の生涯学習施設は、役場付近に、中央公民館、図書館があるほか、7つの地域公民館があり、町民の生涯学習活動を支えている。しかし地域公民館は、老朽化しているものもあり、また多様化する住民の生涯学習ニーズへの対応も必要になっている。
 男衾地区では、13年度に、生涯学習施設整備を請願している。既存のコミュニティセンターが老朽化、各種教室・講座をはじめ多方面での利用があり、部屋を確保できない状況がる。さらに、スポーツ活動でも学校開放だけでは不十分とし、多様化・高度化している生涯学習ニーズへの対応、スポーツ・レクリエーション活動も行える施設が望まれている。
 このような動きも踏まえた上、町では、町内全体を対象に、生涯学習施設のあるべき姿として、どの様な施設機能が必要となるのかなど検討するとともに、施設配置も勘案して基本計画を策定する。
 施設機能では、公民館が中心的な役割を担うことが見込まれるが、立地する地域の特性なども考慮していくことに。また、現在の7地域公民館が寄居町合併前の旧町村単位となっていることから、配置についても検討する。
 他の市町村では、中学校区ごとに地区公民館、生涯学習センターなどを設置している例がある。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野