業界記事

野上原駅前開発/舗装工等2件を

2004-04-20

 那珂郡山方町は、野上原駅前開発事業に伴う今年度分の工事を7~8月に2工区に分離して発注する意向を明らかにした。工事は舗装工をはじめロータリー、トイレ、駐輪場を整備する。工事費には約4700万円を見込む。
 野上原駅前開発事業は、主に県立山方商業高等学校に通う生徒などが利用する駅で、山方駅よりも乗降者数が多い割に、県道161号や国道118号に向けたアクセス道路が狭く、迂回なども困難。そのため、進入路、ロータリー、駐輪場、トイレなどを15・16年度の2か年で整備するもの。
 昨年度は、同駅のアクセス道路となる進入路(L84m、W9m、歩道2・75m×2、車道2m、U字溝)の路盤工を、中島建材が担当し、町道化に向けて整備。(株)ミカミ(水戸市河和田町4471-45、電話029-257-1234)が実施設計を担当した。
 今年度は延長72・7mの舗装工を中心に、ロータリーや駐輪場の整備、トイレ改築などを行う予定だ。
 現在は今年度の工事に向けて、JRの用地を買収するため申請中で、第1四半期には実施設計を進めていく。工事は、7~8月に2工区に分けて発注し、工期には5か月間程度を設ける見通し。
 今年度当初予算には、野上原駅前整備の実施設計委託費に130万円、野上原駅前整備工事費に4700万円を計上している。
 なお、待合所の建て替えについては見通しが立っていない。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野