業界記事

萬代橋が重要文化財へ/デザイン、完成度を評価/文化審議会

2004-04-20

 文化審議会(高階秀爾会長)は16日、文化財分科会を開催し、萬代橋、出雲大社など10件の建造物を重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申することを決定した。この答申を受けて、近く重要文化財に指定される。直轄国道の橋梁が重要文化財に指定されるのは日本橋(東京都中央区)に続いて全国で2例目。
 萬代橋は、新潟市中心部と新潟駅を結ぶ国道7号に建設された信濃川に架かる橋で、昭和4年8月に竣工した。昭和39年の新潟地震にも耐え、今年で架橋から75年目を迎える。橋梁デザイン史上での価値の高さはもちろん、橋梁技術の完成度の高さも今回の審議会決定の大きな要因となった。
 出雲大社(島根県大社町)は、「古事記」、「日本書紀」などにも見えるわが国を代表する神社の1つで、国宝本殿とともに造営された多数の社殿が一括して指定される。
 そのほかの答申案件は次の通り。
 ▽旧第九十銀行本店1棟(岩手県盛岡市)=先駆的で独特な意匠の銀行建築▽専称寺本堂ほか2棟(福島県いわき市)=東北地方を代表する浄土宗寺院建築▽旧住友家俣野別邸1棟、土地(神奈川県横浜市)=昭和前期モダニズムの意匠を伝える邸宅建築▽旧大社駅本屋1棟(島根県大社町)=優れた和風意匠になる木造の鉄道駅舎▽旧大国家住宅(岡山県和気町)=大型で独特な屋根と質の高い内部を持つ民家▽箸蔵寺本殿ほか5棟(徳島県池田町)=複雑な構成と特異な造形を持つ壮麗な建築群▽旧郡築新地甲号樋門(熊本県八代市)=八代海干拓事業を代表する石積技術に優れた大規模樋門▽高千穂神社本殿1棟(宮崎県高千穂町)=九州地方南部を代表する大規模な本殿建築

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野