業界記事

本県から知事出席/原子力委の意見を聴く会/原子力委員会

2004-04-20

 内閣府の原子力委員会(近藤駿介委員長)は、今後の原子力に関する基本的な考えを示す「原子力長期計画」について「意見を聴く会」(第12回)を14日に東京都内で開催、本県から橋本昌県知事が出席し、意見発表を行った。
 その中で橋本知事は、安全面への投資や研究を積極的に行うことや立地地域との共生を図ること、原子力二法人を統合した新法人の本社を茨城県内に設置することなどを強調した。
 知事の発言要旨は次のとおり。
◇安全管理体制を確立するとともに、安全面への投資および研究を積極的に行うこと。
◇加速器の活用など幅広い実用研究の一層の充実を図り、医療や農業などの面での利用を進め、原子力を国民に身近なものとすること。
◇低レベル放射性固体廃棄物について、処分体制を早期に確立すること。
◇原子力発電の立地地域との共生を図るため、立地段階のみならず、運転終了(廃炉)後も地域の自律的な振興が図られるよう特段の措置を講ずること。
◇原子力二法人の統合について、安全を確保し地元との信頼関係を築くためにも、茨城県内に新法人の本社を設置すること。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野