業界記事

「伊奈谷和原丘陵部」開発で/汚水管5kmを供用/小絹処理場まで接続

2004-04-17

 県土木部下水道課は、伊奈・谷和原丘陵部一体型土地区画整理事業での下水道施設(汚水管渠)について、区画整理事業地内から地区外の谷和原村小絹処理場までの汚水管(L約5km)が接続し、今月9日から一部区域で供用を開始したと発表した。
 供用を開始したのは、地区内全体面積275haのうち、伊奈町内の既存家屋区域の約11ha。
 丘陵部地区の公下事業は平成5年度から整備に着手。今回供用した管渠は、地区内の南端・西端から県道つくば野田線沿いに西進し、谷和原大橋を経由(圧送)して小絹浄化センター(谷和原村小絹)までの約5kmで、地区内の下水処理の骨格となる幹線。
 県では今後、丘陵部地区の来年秋のまちびらきに向けて、第1期整備エリア内(約80ha)においてライフラインの整備(上下水道、ガス等)を進めていく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野