業界記事

6割が資金援助を期待/森林ボランティア団体

2004-04-17

 森林ボランティア団体の約6割が資金援助の支援を期待していることが、林野庁が14日に発表したアンケートの集計結果から分かった。
 調査は、下草刈りや間伐などの森林づくり活動に取り組むボランティア団体を対象に実施。主に活動の内容、課題、安全確保策、指導者の技能、市民活動に対する制度・支援措置への意見--を聞いた(調査票は1165団体に発送、回答は883団体)。
 集計結果によると、団体の活動年数は、3年未満が23%、6年未満が28%、11年未満が28%とほぼ同数で、過去の調査で3年未満が38%と最も多かったことから、活動を継続している団体数が増えていることがわかる。
 また、活動の課題としては資金確保(57%)、参加者の確保(49%)を挙げている団体が多かった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野