業界記事

公募型対象が3工事/今年度の事業概要発表

2004-04-16

 国土交通省利根川ダム統合管理事務所は、今年度の事業概要を明らかにした。同事務所の当初予算額は、31億3700万円で対前年度比マイナス24%の大幅減となった。
 この要因は、直轄ダム施設改良事業が15年度で終了したことによるもの。
 項目別の予算額は、直轄堰堤維持費が22億1840万円(対前年度比9%増)、河川総合開発事業調査費が4200万円(同16%減)、河川事業調査費200万円(同50%減)、直轄河川改修費3億4500万円(同0%)、吾妻川上流総合開発実施計画調査費1億4000万円(同22%減)、受託工事費3億8960万円(同9%減)。
 主な工事として、公募型指名競争入札を3件予定している。
 このうち、第1四半期に発注するのは吾妻川(草津町)の中和処理実験施設政策据付工事。
 また、老朽化による更新工事として、第2四半期に藤原ダム非常用放流予備ゲート設備の更新工事を、第3四半期には相俣ダムの放流設備制御装置の更新工事を発注する予定。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野