業界記事

下部2工区で6月/第2大場川へ新設橋梁

2004-04-16

 都市計画道路南蓮沼泉線整備事業を進めている三郷市は、ルート上第二大場川に架設する新設橋梁の下部工に着手する。当初予算には、事業費1億8、000万円を計上。左岸側と右岸側の2工区に分割し、早ければ6月ごろの入札執行を目指す。発注形態については、一般競争も含め今後検討していく。
 橋梁計画は、橋長20・2m、車道7・25m、歩道5・25mの幅員27・8m、1スパン、プレテンションホロー桁橋。
 下部形式は、逆T式橋台。基礎は、鋼管杭で支持層深度47・5m、外径は600mm。本数は、左岸側20本、右岸側16本を予定している。
 設計担当は、ピーシー技研(さいたま市、電話048-882-1181)。上部工は17年度を予定している。
 整備場所は泉および彦倉地内。
 取り付け道路は、左岸側の整備が14年度までに完了。残る右岸側については、組合施行の三郷インターA地区土地区画整理事業で整備する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野