業界記事

大和中屋体に約4億円/西野原団地7戸建設/大和村16年度当初予算

2004-04-13

 大和村の今年度一般会計予算は24億700万円で、前年度比44・9%(7億4、600万円)の増となった。このうち一般会計に占める普通建設事業費には、9億8、385万5、000円を計上。大和中学校・屋内運動場建設事業費(3億9、147万2、000円)や、西の原団地建設事業費(1億3、007万6、000円)を盛り込んだことから、昨年度に比べ3・4倍と大幅な増額となった。また、基盤整備では道路新設改良事業費に1億3、387万7、000円を投入。村道水野田線改良工事をはじめ、白沢線改良工事など6路線を中心に整備を進める。
 大和中学校・屋内運動場建設事業は、昭和49年に建設された既存施設が耐震基準に満たないことから建て替えるもの。新しい施設は延べ1、118㎡余りで、構造はR造(屋根S造)。早ければ本体工事の入札を来月末にも実施する予定。また、既存施設については、解体を今月中にも行い、来月に敷地の造成を進めるとしている。
 一方、西の原団地建設事業は、同地区の既存村営住宅の隣接地約2、200㎡の敷地に新たに7戸を建設する計画。内訳は2連棟が2棟(4戸)、単棟が1棟(3戸)で、構造は全て木造2階建てとしている。来月にも設計作業に着手し、8月ごろにも本体工事の発注を行う意向だ。完成は年度内を予定。造成作業については前年度に終えている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野