業界記事

5月に設計入札2件/小学校給食調理場整備

2004-04-14

 戸田市は5月に、戸田第1小(上戸田3-7-5)と美谷本小(美女木7-11-3)の給食調理場整備設計2件を委託する。当初予算では1、115万9、000円(第1小)、1、108万1、000円(美谷本小)の委託料を計上した。
 納期は年度末まで。工事は、順調に予算付けされれば17年度早期に発注。単年度で仕上げるスケジュールを組んでいる。形態はそれぞれ、建築、機械設備、電気設備の3分離が有力。
 現時点での計画によると、第1小は1、200食対応。敷地内北側に、RC造2階建ての施設を新築する。延べ床面積は、1階が267・05㎡、2階が85・65㎡の計352・7㎡程度。美谷本小は600食対応。西門付近に、RC造平屋建て、延べ床面積351・5㎡規模を建設する。
 同業務は、14年度に打ち出した小学校給食自校調理方式事業に基づいて行われるもの。初弾工事は、17年4月の開校に向け施工中の芦原小と、今年度に増築と一体的に進められる戸田第2小。
 残りは新曽小、笹目小、戸田東小、戸田南小、喜沢小、笹目東小、新曽北小、美女木小の8校で、毎年2、3校ずつ計画的に進めていく方針。すべて最新の、ドライシステムを採用する。全校の整備基本調査業務は、14年度にユニアート設計事務所(さいたま市、電話048-829-2495)が担当した。
 自校方式の導入は、市立学校給食センター(昭和45年建設)の老朽化による建て替え計画が立案されたことがきっかけ。新設給食センターでは、中学校(6校)分の調理を行うことになる。なお新設給食センタ―は19年度の工事、20年度の稼働を目標にしているが、建設用地が確定していない状態。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野