業界記事

7月に工事発注/汚水管設計3件決まる

2004-04-14

 川口市はこのほど、川口第2-1、2-2、2-3処理分区の実施設計に着手した。担当コンサルタントは、2-1がタグチ(川口市、電話048-254-7992)、2-2が開発技術コンサルタント埼玉事務所(さいたま市、電話048-854-4391)で、2-3は大洋画地(川口市、電話048-257-1100)。
 納期はすべて6月末までで、7月中には工事発注する見通し。3件ともに、汚水管の新設業務。
 2-1、2-2では、φ200mmの塩ビ管を使用。2-1は安行吉蔵地内、県道金明町鳩ケ谷線沿いに埋設する。延長は、推進160mと、開削470m。2-2では、安行原地内の赤堀用水沿いに埋設。開削工法で、延長は200m。
 2-3は、安行小山地内にφ600~200mmを埋設。使用するのは塩ビ管とヒューム管で、設計業務において詳細を詰める。延長は、推進工法544mと、開削工法540m。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野