業界記事

6月入札へ調整/生涯学習センター8・7億で2か年

2004-04-14

 (仮称)生涯学習センターの建設で大里町は、順調ならば6月中に入札執行し、同月の定例議会に契約案件を上程、承認後着工していく方向で、調整を進めている。発注形態などは、今後決定させる。当初予算では、2か年継続費8億7、000万円を組んでいる。
 同施設は、役場周辺の町民体育館隣地の約3、000㎡に計画。RC造平屋、一部2階建て、延べ床面積約2、300㎡規模。導入内容は、固定で350席の文化ホールと5万冊程度収容の図書館の2機能を中心に、エントランス、楽屋、ホール関係の倉庫、集会室、研修室、事務室、事務書類などの倉庫、機械室、トイレ、図書整理室など。各部屋は、多用途に利用できるようにする考え。
 このうちメーン機能となる図書館は、開架、閉架スペースを確保し、蔵書数は5~6万冊。こどもから高齢者まで利用しやすいものとする。文化ホールは、固定席とする考え。また客席部に母子室を設け、こども連れでも利用できるようにする。施設全体はバリアフリー化。などで構成。
 発注時期については、6月議会での契約承認を求める方向から、6月の入札を目指す。同月中に着工できれば、17年7月の完成を予定している。その後、開館準備に入るが、図書館準備には3~4か月の短期間で準備作業を終えていきたい考え。ただ、ホールの先行オープンも考えられる。
 なお、過去の大型ハコ物発注では、保健センター(7年度)、船木台集会施設(11年度)は一括、13年度の役場増築は3分離発注だった。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野