業界記事

上期に工事発注/6か所の交番駐在所

2004-04-10

 県警本部は今年度、交番等の警察施設整備で6施設の建設を計画、事業費として計2億3423万8000円を予算化している。老朽化や狭隘化による改築のほか、これまでの駐在所を24時間対応の交番へ格上げすることで、強化な体制を築き上げるためのもの。
 対象となるのは、交番では館林署松原交番、太田署藤久良交番。さらに、薮塚本町にある薮塚駐在所と大原駐在所を廃止し、町内で初の交番となる(仮称)薮塚本町交番を新設する。前橋署管内においても開発が進む南橘地区をカバーする拠点として若宮町交番と上小出駐在所を廃止し、新たに(仮称)南橘町交番を設ける。一方、駐在所は桐生署の梅田駐在所と松井田署の原駐在所をそれぞれ改築する。
 施設規模は、交番がS造2階建て、延べ床面積約120㎡、駐在所はW造平屋建て、同102㎡を標準としている。
 工事は、6施設とも今年度単年で実施する方針で、薮塚本町交番を除く5施設の設計を9日に入札執行(結果は13日付の入札面参照)、工事についても上期内に発注し、今年度内から供用開始する予定。
 なお、新施設完成後に既存施設は解体するが、薮塚駐在所については新しい施設のため宿舎として活用する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野