業界記事

霞ケ浦町の新庁舎建設/設計はプロポで選定

2004-04-13

 新治郡霞ケ浦町では、新庁舎の建設について、基本設計を委託する。千代田町と調整を進めている合併で、9月ごろに本庁舎方式か、分庁舎方式かが決まる見通しのため、その後、プロポーザルで最適設計者を選定するとみられる。
 昨年5月に庁舎内の職員らで建設検討委員会を設置するとともに、10月に町議と住民らで建設審議会を発足。建物を現在地から移転して、新築する考えでいるため、検討委が選定した建設候補地について、審議会での協議を進めていた。
 現在、建設場所は明らかにされていないが、町の総合計画で国道354号沿線に位置づけられている中央ゾーン内が候補になっているとみられる。
 今後、建設場所については6月の町議会定例会で明らかにされる可能性もあるが、実際に基本設計を委託するのは9月以降になりそう。
 千代田町と調整を進めている合併で、本庁舎方式になるか、分庁舎方式になるかが決まるのが9月ごろの見通しのため。
 基本設計費については当初予算で2000万円を計上。プロポーザル方式で設計者を選定する考えでいる。
 町では、16年度に基本設計を委託するため、継続して積み立てていた庁舎建設基金に一部を取り崩して設計費にあてたことから、基金の合計額は16年度末で9億8947万7000円になる見通し。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野