業界記事

実施方針を公表/温湯施設PFI事業

2004-04-13

 BTO方式により温泉利用施設と老人福祉センターの複合施設建設を計画している長野市は12日、事業の実施方針を公表した。来週19日にはこれに係る説明会及び現地見学会を開催する。
 若穂綿内の綿内東山工業団地内に建設予定の同施設は、温泉・健康維持増進ゾーンなど4つのゾーンからなる屋内施設と駐車場(約120台想定)などの屋外施設で構成。屋内施設は延べ約2000㎡程度を想定している。
 実施方針はPFI法に基づく特定事業の選定及びこれを実施する民間事業者の選定を行うにあたっての実施に関する方針を定めたもので、事業スケジュールや事業者募集に係る資格要件などが示されている。来月中旬には事業の仕様書にあたる要求水準書案、また7月上旬には入札説明書等の公表を予定しており、10月下旬の入札執行に向けた諸作業が本格化する。
 なお、実施方針の詳細は長野市公式ホームページ(アドレスhttp://www.city.nagano.nagano.jp/)で入手可能。説明会等への参加希望者は、これに付属している申込書に必要事項を記入し、産業振興部観光課PFI担当宛にファックス(026-224-5043)又はEメール(kankou@city.nagano.nagano.jp)により提出すること。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野