業界記事

実施設計委託は7月/指扇ほか4中の給食室/教育委員会

2004-04-13

 さいたま市が年次的に進めている、中学校単独調理場整備事業は、17年度の工事に向けて、最終段階の4校で実施設計を行う。委託時期は7月ごろ。4校の工事完了後は、未整備となっている中央区の3小学校を対象に、同年度の設計が予定されている。全小中学校整備完了後は、市内5か所の給食センターは廃止される。
 実施設計に着手するのは、指扇中(西区清河寺185-2)、与野東中(中央区下落合3-21-10)与野西中(同鈴谷8-10-33)と八王子中(同八王子4-2-1)
の4中学校。施設規模は、各校の配置を勘案しながら、RC造平屋または2階建てで設置される。工事は17年度の発注。
 中学校調理場整備後は、未整備となっている3小学校の設計に着手。対象校は鈴谷小(中央区鈴谷5-1-1)、与野南小(同大戸6-2-25)と与野八幡小(同本町東5-23-14)。
 全校の調理場設置後は、現在稼働中の給食センター鈴谷(中央区鈴谷5-1-1)、与野本町(同本町西6-3-1)、中尾第1(緑区中尾975-1))を廃止。すでに日進、堀崎は稼働停止しており、跡利用については全庁的な検討課題となる。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野