業界記事

別所巴川地区は概略/久那地区処理場が着工

2004-04-13

 秩父市は、16年度農業集落排水事業について、事業中の久那地区で管路の設計、工事を予定するほか処理施設建設に着手する計画。また、17年度の採択を目指す別所巴川地区について、全体の概略設計に取り掛かり、国などとのヒアリングに備える。当初予算には、委託費1、040万円、工事費1億6、000万円を計上している。
 久那地区は、管路設計を早期に発注し、仕上がり次第、順次工事発注する計画。発注見通しでは、上期の発注としており、昨年同様なら工事は8月ごろからの発注。内容は、内径150mmのVU管の布設で、501工区100m、502工区60m。
 また、処理施設については昨年度、埼玉県土地改良事業団体連合会(さいたま市、電話048-825-7217)が設計を行った。処理方式は、膜処理方式を考えている。同地区は計画処理人口1、450人。今年度は、下部工事と建屋工事を行い、順調なら17年度に機械、電気などの設備を進め、完成させたい考え。
 一方、新規採択を目指す別所巴川地区に関しては、採択に向けた設計委託を行う。事業への意向を確認の上、計画処理人口、戸数などを算出、大まかな幹線ルート、処理施設位置など、概略設計としてまとめていく。同地区は、概ね1、000人程度の人口規模とされている。17年度に採択されれば、全体設計などに着手する構え。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野