業界記事

合併重点支援へ県に指定を要請

2004-04-10

 阿見町・美浦村合併協議会では、16日に第1回目の協議会を開く。また、協議会に先立って、9日には2町村の首長らが茨城県庁に訪れ、橋本昌知事に合併重点支援地域への指定を要請した。
 阿見町と、美浦村では1月に任意の協議会を発足して以降、基本方針などについて協議を進め、3月の議会定例会に法定協の設置案件を提出。3月12日に可決されたため、4月1日に法定協を発足していた。
 今後、合併特例法が消滅する17年3月までの合併が予定されている。
 第1回目の協議会は16日、午後2時から阿見町役場3階の第301会議室で開かれる予定。一般の傍聴希望者についても開催時刻の30分前から先着順に受け付ける。定員は20人。
 稲敷地域で法定協が設置されたのは江戸崎・新利根、桜川、東が法定協に続いて2つ目。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野