業界記事

下水道事業でマンホールポンプ設置/簡易水道配水管布設/西桂町16年度当初予算

2004-04-08

 西桂町の今年度一般会計当初予算は、17億9、475万円で、前年度当初より29・9%の減となった。また、特別会計の簡易水道事業に1億1、138万1、000円(同比56・5%減)、下水道事業会計に2億9、680万2、000円(同比11・1%増)を計上した。
 建設関連では、公共下水道施設整備工事(9、000万円)、橋りょう維持改修工事(5、940万円)、水道改良工事(5、063万9、000円)、公営住宅維持管理工事(2、400万円)、西桂中学校外構工事(2、400万円)、ゲートボール場屋根設置工事(2、000万円)などを盛り込んだ。
 このうち公共下水道工事は、マンホールポンプ設置工事を行うもの。対象地区は、同町小沼・倉見地区において整備する考え。工事発注は、第1四半期後半~第3四半期にかけての時期となりそうだ。
 また、簡易水道工事は昨年に完成した配水場の施設工事として、配水管布設工事を進める。今年度は、倉見・上町の供用地区を対象に実施する予定。工事発注時期は、第2四半期中となる見通しだ。このほか、配水管布設替え工事として、倉見・柿園地区の老朽管した石綿管を、塩ビ管に布設替えする。工事発注時期は7~9月頃を予定している。
 橋りょう維持改修工事は、町内の7路線を対象に工事を施す考え。主な工事として、町道宮下中野線拡幅工事(L170m、W6m)は、第3四半期にも工事発注を計画。このほか、小沼中央線側溝改良工事(L130m)は、第1四半期にも発注の予定だ。
 公営住宅維持管理工事は、同町下暮地地内の西桂入田団地の2~4号棟の16戸を対象に、浴室をユニットバスに取り替える工事を行う方針。工事発注は、第2四半期にも行いたいとしている。
 西桂中学校外構工事は、このほど完成した同中学校校舎の前庭から玄関までのアプローチ部分の工事を行うもの。5月にも設計業務を委託する考えで、工事着手は、夏休み頃となりそうだ。
 ゲートボール場屋根設置工事は、同町下暮地地内の練習場(約600㎡)を対象に、屋根を設置するもの。設計業務及び工事発注は、ともに第2四半期頃を予定している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野