業界記事

5か年実施計画着手/事業選定法は市民と協働

2004-04-08

 さいたま市政策企画部は、16~25年度までの10年間を計画期間とする総合振興計画・基本計画がこのほどまとまり、5月から行政計画となる実施計画の策定作業に入る。
 実施計画は、今年度から20年度までの5か年固定式。まちづくりの基本方針となる「市と市民との協働」を念頭に5月にはまず、実施計画の構成、事業選定の視点など、基本方針を明らかにし、市民からの意見を求める。
 これを受けて、庁内調整を進めながら、策定作業を本格化させ、7月には策定内容に対するパブリックコメントを実施。修正を行いながら計画をまとめる。
 なお、岩槻市との合併計画に関しては、今回の総合振興計画、実施計画には盛り込まず、区の将来像に岩槻市内のまちづくり目標を加えるほか、全体的には同計画のフレームを一部修正する程度に止まりそうだ。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野