業界記事

下水道や小立小増築/新図書館で詳細設計/16年度当初予算

2004-04-07

 町村合併初年度となる富士河口湖町の今年度一般会計当初予算は92億4、000万円となった。同会計における普通建設事業費は19億2、503万7、000円の規模。関係する事業・特別会計では、船津財産区に3億5、250万2、000円、小立財産区に6億5、226万5、000円、河口財産区に5、117万4、000円、大石財産区に3、586万5、000円、河口湖治水事業に5、673万円、水道事業に6、215万1、000円、大石簡易水道事業に1、675万9、000円、松風台簡易水道事業に641万3、000円、河口簡易水道事業に4、397万7、000円、足和田簡易水道事業に4、457万9、000円、下水道事業に13億5、659万円、温泉事業に1億4、709万7、000円をそれぞれ計上した。
 建設関連では、下水道工事(2億700万円)、小立小学校増築工事(1億9、500万円)、町民ふれあいセンター改修工事(1億9、200万円)、旧河口湖庁舎改修・公用車車庫新築工事(1億3、270万円)、いやしの里創出整備工事(1億550万円)、町民体育館改修事業(1億円)、温泉事業管理工事(1億円)、運動公園整備工事(8、400万円)、ぽぷら河口湖旧館解体工事(8、300万円)、インター線新設改良工事(7、550万円)、一般道路新設改良工事(7、000万円)、リユースセンター・リサイクルセンター新築工事(2、020万円)、新図書館基本設計業務(500万円)などを盛りこんだ。
 このうちの下水道工事は、同町船津、小立、河口、大石、勝山、西湖地区を対象に汚水管渠布設工事を行うもの。工事発注は、それぞれ第2四半期中に順次行う計画。
 小立小学校増築工事は、同町小立の同小学校への転入児童数の増加対策として、既存の校舎と渡り廊下でつなぐ新校舎を増築する。建物の概要はSRC2階建て、延べ面積約1、040㎡の規模で、普通教室をそれぞれの階に3教室づつの計6教室備える。工事発注時期は、7月頃を予定。同工事の実施設計業務は井出設計に委託している。
 町民ふれあいセンター改修工事は、同町小立の同センター(RC造3階建て)を対象に大規模改修工事を施し、同町の健康科学大学の協力を得て、リハビリ診療施設をセンター内に設け、リニューアルを図るもの。今後、町と同大学でセンターの具体的な利用方法を煮詰めた結果をもとに、近く設計業務を委託したいとしている。同センターの改修後は、リハビリクリニックとして来春の開設を目指す考えだ。
 旧河口湖庁舎改修・公用車車庫新築工事は、同町船津にある旧河口湖町の庁舎として使用していた建物をコミュニティセンターとして改修する。建物はRC(一部S造)3階建て。工事は3階部分の鉄骨造の議場を撤去するなどが主。工事発注時期は、第2四半期頃を予定している。また、公用車車庫新築工事は、富士河口湖町庁舎敷地内に、町で使用する公用車を収める車庫(約15~6台分)を新たに整備するもの。建物はS造平家建て、延べ300㎡の規模で、今月中にも設計業務を委託し、6月頃にも工事に着手したいとしている。
 いやしの里創出整備工事は、同町の旧足和田村根場地域において、約40年前当時にあった「わらぶき屋根集落」や「水車小屋」などを復元して、日本の原風景を再現するもの。地元の住民が計画立案から建物の建設などに参加して創出するのが特徴。今年度は主に景観的な周辺整備(石積)や、古民家を3~4棟ほど建設したいとしている。
 町民体育館改修事業は、同町船津の町民体育館を対象に、屋根の改修と、一部内装、外部壁の塗装等を施すもの。同工事の設計業務は、第1四半期中にも発注する考えで、改修工事への着手は6月頃となりそうだ。
 温泉事業管理工事は、同町が観光地としてさらなる温泉量の確保が必要であることから、町民ふれあいセンター周辺を候補地に温泉脈とされる場所で掘削工事を行う。同工事は議会案件であることから、同承認を待って5月中に着工したいとしている。
 運動公園整備工事は、同町小立の「くぬぎ平スポーツ公園」のサブサッカー場グランド(125m×90m)に、芝生を張る工事を新たに行うもの。工事発注時期は今月中を予定している。
 ぽぷら河口湖旧館解体工事は、同町船津にある旧河口湖グランドホテルを解体し、解体後の敷地を駐車場として活用するもの。同ホテルの延べ面積は約7、500㎡(登記記載規模)で、年度の早いうちに施工者を選定し解体に着手したい考え。
 また、町内の道路事業として計画するインター線新設改良工事(L150m、W12m)は、秋口頃の工事発注を予定。また、一般道路新設改良事業では、船津3204号線(L100m)、船津5020号線(L100m)、船津3253号線(L100m)、西湖3022号線(L250m)を主に整備を施す考え。いずれも10月頃にも工事発注したいとしている。
 リユースセンター・リサイクルセンター新築工事は、リサイクルの推進と、ごみの再利用普及を図る目的から新たに建設するもの。このうちのリユースセンターは、同町河口地内にある清掃事業場の敷地に建設を計画。軽量S造平家建ての構造で、全体の延べ面積246㎡を予定。設計業務を4月中にも委託するなどして、8月頃の完成を見込んでいる。また、リサイクルセンターは、同町足和田地区に建設を予定。建物は、軽量S造平家建て、延べ面積75㎡の規模を予定。設計業務を5月頃にも委託し、秋頃の完成を目指す。
 新図書館設計業務は、同町庁舎エリア内に建設を予定しており、図書館および子ども創造館の着工を控え、図書館の基本計画・詳細設計を進める。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野