業界記事

施設更新に31億/16年度予算詳細示す

2004-04-08

 寄居地区衛生組合(管理者・津久井幹雄寄居町長)の16年度予算が明らかになった。一般会計は、15億6、962万円。性能発注が見込まれる汚泥再生処理センター整備には、2か年継続で31億8、822万円。施設更新に係る環境整備負担には1億5、684万4、000円を計上。
 継続費は、概ね国庫補助7億、起債20億、一般財源3億を財源にし、16年度30%、17年度70%の進捗予定。
 関連予算では、土地登記委託に17万円、新施設完成後の既存施設解体へ財産処分申請委託252万円など。
 このほかは、既存施設の維持管理などの予算計上。電気保安管理委託28万8、000円、各種分析委託197万円、槽類清掃委託415万8、000円、水質監視機器保守点検委託252万8、000円など。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野