業界記事

2棟のマンション東鉄建設で/総事業費は約51億円/高崎駅東口で大規模複合開発

2004-04-07

 住宅資材販売やマンション分譲、仲介事業などを手がけるナイス(株)(平田恒一郎代表取締役社長、横浜市鶴見区中央4-33-1電話045-521-6161)は、JR高崎駅東口の北双葉町にマンション2棟や戸建て住宅などを備える高崎市最大級の大規模複合開発に着手した。環響都市をコンセプトにしたこの計画は総開発面積1万2500㎡で人と街、花と緑、個性と気品が交響曲のように奏でる「シンフォニックシティ」と位置づけ、この第1段階としてこのほど、敷地北側に9階建て延べ面積8752㎡のマンション「オペラコート」が、東鉄工業の施工で着工した。また、東側へと計画されている10階建てのマンション「アリアコート」についても5月1日に同社で着工となる。
 場所は、JR高崎駅東口のメインストリート354号から1ブロック南に入った一帯。総開発面積約1万2500㎡の「シンフォニックシティ」には、89戸のマンション「オペラコート」のほか、この東側へ46戸のマンション「アリアコート」を計画。また、2棟のマンション南側には、戸建て住宅の「ソナタの街」、「ソナチネの街」、「ロンドの街」の3街区に配置、環境全体としてオーストラリアの雰囲気を演出するとともに、デザインコード・ルールを定め、異なる街区に連続的な街並みを創出する。
 今回着工した「オペラコート」はRC造9階建て延べ床面積8752・29㎡、ゆったりとした敷地(3389・12㎡)に街全体の格調の高さに調和するよう、外観デザインにも重厚な趣を随所に施し、L字型に展開する。また、中庭には音響システムを備えたスタジオも設置される。間取りは3LDKと4LDKの計89戸で、平成17年2月下旬の完成、同年3月下旬の入居を予定している。
 一方、この東側に計画されるマンション「アリアコート」は、地上10階建て延べ床面積3933・56㎡、46戸を予定しており、5月頃の着工を目指している。それぞれ、設計・監理はエイワ設計コンサルタント(東京都新宿区電話03-3267-1531)が作成している。戸建て計画ではソナタの街が12区画、ソナチネの街が6区画、ロンドの街は24区画で予定されている。
 マンション2棟全125戸、戸建て住宅全42戸、計画人口約460人の大規模複合開発は、総事業費約51億円を投入、高崎の歴史と伝統、文化性を踏まえ、地域との共生や活性化を目指して「街」全体がプランニングされている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野