業界記事

積算内訳書提出拡大/予定価格/委託業務も事前公表

2004-04-08

 鹿島郡神栖町は、今年4月1日より入札制度の一部改正を行った。改正点は、<1>予定価格の事前公表<2>工事費積算内訳書の提出適用基準の2項目について。予定価格の公表範囲を、16年度から競争入札に付する業務委託の一部にまで拡大。加えて積算内訳書の提出工事を補助対象事業及び2000万円以上の建設工事まで対象金額を引き下げた。今回の改正で、入札・契約手続きのより一層の適正化、透明性の向上を図ることが主な狙い。
 <1>予定価格の事前公表では、これまで130万円以上の競争入札に付する建設工事のみが対象となっていた。今回、対象範囲を競争入札に付する業務委託の一部にまで拡大。16年度はまず、公園の維持管理業務や除草委託業務の20件以上程度で公表していく方針だ。
 <2>工事費積算内訳書の提出適用基準では、現行の補助対象事業及び3000万円以上の建設工事から補助対象事業及び2000万円以上の建設工事まで対象工事の金額を引き下げた。
 なお、現在行っている郵便入札については、16年度も従来どおり。町では、平成14年9月から郵便入札を導入し、試行的に実施している。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野