業界記事

特養新設へ事業者公募/今月16日に説明会開催/事業者決定は6月下旬

2004-04-07

 柏崎市は、市の西部地域に平成17年度と18年度の2か年で新しい特別養護老人ホームを新設する計画。整備事業者は、社会福祉法人の中から募集し、提案型公募方式により選定する方針で、このほど募集を開始した。今月16日に柏崎市役所で説明会を開催する。提案書は5月6日から21日まで受け付け、ヒアリングを経て6月下旬に事業者を決定する見通しだ。順調に進めば平成17年8月にも着工し、同18年10月の開所を目指す。
 事業目的によると、民間事業者の資金や経営能力を活用するとともに介護保険事業への参入機会を拡大することにより、介護サービス基盤整備の充実を図る。
 公募対象となる事業者は、県内に事業実績がある社会福祉法人及び市内にある社会福祉法人。
 整備条件は次の通り。
▽特別養護老人ホーム=定員80人、全室個室、ユニットケア方式
▽短期入所生活介護(併設)=定員20人、全室個室、ユニットケア方式
▽在宅介護支援センター(併設)=地域型在宅介護支援センター
▽その他=保健・医療・福祉の観点から必要な施設(デイサービス、グループホーム除く)を付加することも可能
▽敷地面積=概ね7、000㎡以上(駐車場を十分に確保する)
▽建設位置=市の西部地域(鵜川と青海川に挟まれた北陸自動車道より北側の地域)とし、事業者が選定する。但し、騒音や振動等の影響がなく、交通、防災、電波障害、汚水等において問題がない場所とする
▽建設補助金=国県補助金の対象事業とすることが前提。そのため国県補助金の導入が見込めない場合は事業を延期する。また、事業者が同事業実施のため新たに土地を取得する場合は、市が必要と認める取得費の2分の1(限度額1億円)を補助する。なお、市と事業者の協議により補助金の代替として市有地(旧かしわ荘跡地)を譲渡することも可能とする(事業者選考上の優劣には影響しないものとする)。
 事業スケジュールとしては、今年8月の新潟県とのヒアリングを経て、平成17年5月頃の補助内示を待って7月に建設事業者の入札執行、8月から着工する。開所は平成18年10月を予定。
 説明会は今月16日(金)、柏崎市役所本館4階大会議室で開催する。時間は10時から11時30分まで。
 詳細に関する問い合せは、市福祉保健部介護高齢対策課高齢対策係(電話0257-23-5111・内線205)まで。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野