業界記事

早期にテニスコートなど/前工移転整備

2004-04-06

 前橋工業高校の全面移転整備を所管する県教育委員会管理課は、同整備の最終年度として当初予算案に事業費39億円余りを計上している。
 同市石関町137-1地内へ移転するもので、新世紀における県内工業産業界を担う人材育成の拠点とする。
 建物は、生徒間及び教師と触れ合う機会が多いレイアウトとすることを基本コンセプトに、県立高として初めて回遊性を有した施設配置とした。この基本理念に基づき、設計は県建築設計センター(前橋市)が作成。7棟から成る主要施設のうち、14年度から第1期工事として管理棟、東実習棟、北実習棟、南実習棟に着手。また、第2期工事として、今年度から普通教室棟、体育館等に着工。一方、グランド整備関連では15年度からサッカー・ラグビー場、部室、野球場などを整備。
 新年度は、今年度に発注した建設工事を促進するとともに、最終年度としてテニスコート(人工芝)、駐輪場、駐車場、中央広場などを整備する。
 8月中の完成を目指していることから、これらの工事は今年度早期に発注される。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野