業界記事

公下管渠に10億円計上/水処理センター修繕も/総和町予算

2004-04-06

 猿島郡総和町(菅谷憲一郎町長)は、平成16年度予算を明らかにした。それによると一般会計予算は、135億5058万1000円となり、前年度当初比0、8%の減となっている。そのうち、普通建設事業費は、9億9765万7000円で同53・1%の大幅な減額となった。主なものでは、特別会計の公共下水道事業で管渠工事費等に10億7892万9000円を計上したほか、水処理センターの修繕工事には9796万5000円を盛り込んだ。そのほか、土木費で道路補修事業全体に1億9742万2000円を計上した。特別会計では、公共下水道事業に22・2%増の23億5650万6000円を計上し、農業集落排水事業には6億1603万3000円を計上した。また、水道事業会計の資本的支出には6億5339万5000円となった。
 主な事業として、特別会計の公共下水道事業整備事業で、管渠調査、老朽化鉄蓋取替工事を進めていく。工事内容や規模などは明らかにしていないが、東部汚水管渠工事や水海・久能地区の枝線管渠工事も実施する計画だ。また、あわせて水処理センター内の施設修繕工事も進めていく。
 道路整備関連では、町内各所での道路補修、舗装補修などを進める。また、平成11年度から整備に着手している西牛谷・大和田線の都市計画街路整備については、8300万円を計上した。道路改良舗装工事や街路樹植栽工事を進めていくもので、今年度で事業の最終年度を迎える予定となっている。
 そのほか、教育関連では、小学校施設改修事業に4484万円を計上した。上辺見、小堤、上大野の各小学校での校舎及び体育館の耐震診断業務を進め、各校の老朽化状況を見極める。
 水道事業では、思川浄水場更新工事などを進めていく予定となっている。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野