業界記事

企画課を2課に分割/水戸市の16年度組織改正

2004-04-06

 水戸市は、平成16年度の行政組織改正を行った。
 今回の改正では、市長公室で企画課を政策企画課と地域振興課の2課に分割し、政策立案機能等を強化するとともに、都市計画部で南北道建設事務所を廃止し、地域整備課と東前地区開発事務所を統合。赤塚駅周辺地区開発事務所では、管理係と工務係を統合し、開発係に名称を変更するなど組織の簡素化による効率的な執行体制の確保を図った。
 管轄部別に改正内容をみると、市長公室では、政策・施策の調査、立案機能の強化や地域振興の企画機能や開発事業の調査機能の強化を図るため、企画課を分離し、政策企画課と地域振興課を設置した。
 総務部では、総務課に行政公安対策係を新設するとともに、庶務文書係を総務係に名称を変更。行政対象暴力(不当要求)の未然防止と事務内容の明確化を図った。
 産業経済部では、商工課で商業係、工業係及び労政係を廃止し、企画振興係と商工労政係を新設し、商工振興施策の企画機能の強化を図った。
 都市計画部では、組織の簡素化による効率的な執行体制の確保に重点を置き、南北道建設事務所を廃止したほか、地域整備課と東前地区開発事務所を統合、赤塚駅周辺地区開発事務所の管理係と工務係を統合し、開発係に名称を変更した。
 下水道部では、下水道施設管理事務の効率化を図る目的で、管理係と施設係を一本化、施設管理係に名称を変更した。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】9時30分~18時30分
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野