業界記事

合併申請書を提出/大宮町など5首長が県へ

2004-03-02

 大宮町、山方町、美和村、緒川村、御前山村の5首長がこのほど県庁を訪れ、今年10月16日の合併に向けて申請書を橋本昌県知事に提出した。各首長は、この地域の歴史的、地理的なつながり等の合併理由やこれまでの経緯などを橋本知事に説明。県は道路整備等で支援する構えを見せた。
 当日は、矢数浩大宮町長が、この地域が消防業務や火葬場・斎場の管理運営などで行政的にも一体性があると説明。橋本知事は「様々なアイデアを考えて地域振興を図っていかなければ。そのため道路整備等の必要な支援をしていきたい」などと発言した。
 その他、矢数大宮町長が(仮)県北西部地域中核病院の建設に関連した国道293号の整備や林業活性化について、大滝典夫美和村長が緒川ダム関連の道路などについて、それぞれ支援を要望。
 橋本知事は「国道293号の整備は早期に検討する。林業については難しいが、5町村の特産品の活用や合併記念などでPRするべきでは」などと答えた。
 5町村は今年3月8日に合併調印式を行い、10月16日の合併を目指し準備を進めている。山方町、美和村、緒川村、御前山村の4地域が大宮町に編入する方式で、面積は348・38haと県内2位。人口は4万8964人で県内25位になる。
 建設計画の主な事業は、(仮)県北西部の地域中核病院整備をはじめ、市内循環交通システムの整備、駅舎及び駅前の周辺整備、森林保全基金(仮)の創設など。
 また県事業として、国道118号の整備、国道123号の整備、主要地方道烏山御前山線の整備、県道長沢水戸線の整備などを促進していく。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野