業界記事

茨城労働庁舎建設へ/50号下館BPを延伸/16年度予算

2004-03-31

 国土交通省関東地方整備局は30日、平成16年度の主要事業を公表した。それによると、補助事業の本県関係予算には、一括配分647億400万円、本省配分604億6300万円の計1251億6700万円を計上、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)、常陸那珂港、百里飛行場の民間共用化など大型プロジェクトの推進を図る。主なものでは、那珂川と小貝川の3橋梁「JR水郡線那珂川橋梁」「県道市毛水戸線水府橋」「JR水戸線小貝川橋梁」の改築、全線供用に向けた国道6号藤代バイパスの未供用区間「牛久沼大橋」の舗装工事などを推進。新規では、利根川上流・江戸川改修事業(首都圏氾濫区域堤防強化対策)、国道50号下館バイパス延伸(延長約2・6km)、下館合同庁舎、茨城労働総合庁舎の建設に着手する。
 発表された平成16年度の予算額によると、局全体では一括配分6856億5300万円、本省配分1兆5075億2000万円の計2兆1931億7300万円となった。このうち補助事業の本県関係予算は、一括配分647億400万円、本省配分604億6300万円の計1251億6700万円を計上した。
 利根川上流・江戸川改修事業は、首都圏氾濫区域の堤防(延長約100km)について、堤防の安全性を再点検した上で、堤防拡幅、護岸整備、排水対策などを組み合わせて堤防を補強するもの。事業期間は平成16年度から25年度までの10年間。16年度は事業費に105億円を計上。本県の五霞地区など4地区で築堤に係わる用地買収に着手する。
 国道50号下館バイパスは、下館市下川島から協和町横塚までの10・6km(4車線)を整備する。計画によると、16年度は予算2億2000万円を計上。下館市玉戸から中館間で調査・設計を進めるとともに用地買収を実施。下館市下川島から玉戸間については、新たに事業に着手(工区延伸)する。
 事業経過をみると、昭和61年度に事業に着手、平成2年度に着工。9年度には国道294号から高田下館線までの区間(延長2・3km)を暫定2車線で供用。15年度には高田下館線から国道50号(間延長1・8km)について暫定2車線で供用した。
 新年度に着工する下館地方合同庁舎は、下館市シビックコア地区(下館市稲荷町、根岸町の一部約2・4ha)にRC造地上5階地下1階建て延べ4969㎡で建設する。総事業費は約14億円で、18年度までの3か年で完成を目指す。
 茨城労働総合庁舎は、水戸市北見町の茨城労働局と水戸労働基準監督署の合同庁舎を水戸駅南口土地区画整理事業地内に移転新築する。建設規模はSRC造地上7階地下1階建て延べ5450㎡。設計者を簡易公募型プロポーザルで選定中。
 主な事業内容は次のとおり。
【新規事業】
◆小貝川水辺プラザ整備事業(小貝川)
◆利根川上流・江戸川改修事業(首都圏氾濫区域堤防強化対策)
◆国道50号下館バイパス(延伸)2・6km
◆国道125号桜川バイパス2・4km
◆下館地方合同庁舎(シビックコア地区)
◆茨城労働総合庁舎(水戸市)
◆農林水産研修所生活技術研究館(つくば市)
◆友部駅北線外1線街路事業
◆友部駅南北自由通路街路事業
◆鉾田町公共事業
【継続事業】
◆圏央道=県内区間では、常磐道つくばJCTから牛久土浦バイパス(つくば牛久IC)までの延長1・5kmを供用。16年度は引き続き調査設計、用地買収、工事を推進する
◆常陸那珂港=直轄事業費に29億円を見込み、防波堤(東)延長6000mの整備を引き続き行う。
◆百里飛行場の民間共用化=予算額に5億円を計上。現在手続き中の環境影響評価を早期に完了させ、用地買収を実施する。
◆国道6号藤代バイパス=事業費に2億2000万円を計上。引き続き牛久沼大橋舗装工事を促進、暫定供用を図る。
◆特定構造物事業「JR水郡線那珂川橋梁」
◇全体計画
▽工事規模=6径間連続PC箱桁橋、橋長337m、橋梁下部工(橋台2基、橋脚5基)、旧橋撤去、取付部、軌道工、付替道路、護岸工
▽全体工期=平成11年度から18年度
▽全体事業費=72億5000万円
◇16年度=当初事業費=7億8100万円、橋梁下部工、用地・補償
◆特定構造物事業「県道市毛水戸線水府橋」
◇全体計画
▽工事規模=6径間連続非合成鋼箱桁橋、橋長354m、橋梁下部工(橋台2基、橋脚5基)、旧橋撤去、取付道路
▽全体工期=平成14年度から20年度
▽全体事業費=約50億円
◇16年度=当初事業費3億9600万円、橋梁下部工、用地・補償
◆特定構造物事業「JR水戸線小貝川橋梁」
◇全体計画
▽工事規模=橋梁改築延長約200m(計画高水流量850立方m/s・現況410立方m/s)
▽全体工期=平成13年度から20年度予定
▽全体事業費=約35億円(概算額)
◇16年度=事業費3300万円、盛土工一式
◆常陸利根川河川環境整備事業(霞ケ浦浚渫)=16年度は事業費49億8800万円で、約30万立方m(土浦沖28万立方m、高崎沖2万2000立方m)の浚渫と浚渫土処理地整備を行う。
◆霞ケ浦導水事業=16年度は実施計画額55億7100万円を見込み、15年度に引き続き石岡トンネル工事を実施する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野