業界記事

4・1%増の積極型/昭和村16年度当初予算

2004-03-25

 昭和村(加藤秀光村長)は、16年度当初予算内容をこのほど明らかにした。それによると一般会計予算総額は43億2800万円で、前年度に比べ4・1%増額の積極型予算。土木費総額についても12・5%増の1億5308万1000円を計上した。
 そのうち建設関係で主な事業は、農地等高度利用促進事業工事に9540万円、農村総合整備事業工事に8300万円の工事費を確保したほか、道路維持補修工事に7820万円の工事費を計上した。
 農地等高度利用促進事業では、6・1haの面整備工事を計画。第1四半期中には群馬県土地改良事業団体連合会(前橋市箱田350電話027-251-4105)へ設計を委託し、工事は秋から冬にかけて発注する。同事業は16年度からの新規事業で、17年度には道路工事をメーンに促進し、18年度に換地処理などを行い終了する。
 また、農村総合整備事業では、継続して行っている村道2号線新設工事を促進する。16年度はL約500m(W4m)の工事を実施する考えで、工事発注は10月頃になりそうだ。同線は、同村貝ノ瀬から糸井を結ぶ全L900mの村道で、15年度には300mの工事を発注している。17年度は残りの道路工と室渕沢に架かる橋梁工事を発注する。同橋は、1スパンで橋長約40m、詳細設計は県土地改良事業団体連合会へ委託しており、型式等は今後具体化していく。
 道路維持補修工事は、中野横断線など7路線を対象に実施する考えで、そのうち大きなものとしては中野横断線の舗装工事を計画している。同事業は、群馬県利根農業総合事務所農村整備部で工事を進めている望郷ライン建設工事の舗装工事となるため、延長や発注時期は今後、県と協議を進め決定していく。工事は上期中には発注したい考え。
 建設関連の主な予算計上項目は次の通り(単位千円)。
【総務費】
▽財産修繕=1、300
▽公共財産整備修繕=5、000
▽交通安全対策施設整備工事(カーブミラー設置など)=3、835
【民生費】
▽学童保育工事設計監理委託=500
▽工事=13、711
【農林水産業費】
▽里地棚田保全整備事業昭和地区測量・実施設計監理委託=2、100
▽同工事=2、900
▽農村総合整備事業調査測量委託=2、000
▽同工事=83、000
▽農地等高度利用促進事業(追分地区)設計監理委託=4、553
▽同工事=95、400
▽林業振興=2、647
【土木費】
▽道路維持補修工事(中野横断線など)=78、200
▽橋梁補修工事=1、200
【消防費】
▽防火水槽新設工事=18、001
【教育費】
▽昭和中学校施設整備事業工事=6、500
【簡易水道事業特別会計】
▽水道施設維持管理一般改良工事設計委託=5、558
▽配水管布設替工事=4、841
▽配水管新設工事設計委託=400
▽同工事=5、000
【農業集落排水事業特別会計】
▽新規施設管路工事=2、500
▽永井・入原地区測量・基本設計・詳細設計委託=1、800
▽同工事=40、000
▽浄化槽設置工事=54、360

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野