業界記事

志賀小改造工事2・3億/市野川第1地区農道を整備/16年度当初予算

2004-03-23

 嵐山町(関根昭二町長)の平成16年度当初予算は、一般会計を前年度比2・6%増の59億2、200万円とした。下水道事業特別会計は、5億2、700万円で同8・3%減。普通建設事業費は7億964万2、000円で、23・4%減。特に補助事業分が48・2%と大きく減額したのが目立つ。
 建設事業では志賀小学耐震大規模改造事業に工事費2億3、891万1、000円、委託料504万円を計上。夏休みの工事を計画している。対象校舎は、RC造3階建てで、延べ床面積1、853㎡mとエキスパンションジョイントで繋がる計1、999㎡。
 設計業務はマルタ設計埼玉支所(さいたま市、電話048-839-0066)が担当。場所は、県道菅谷寄居線に面した志賀540地内。教育施設では、そのほか菅谷小学校門扉設置工事費230万円、菅谷中学校門扉設置工事費140万円も盛り込んだ。
 道路整備では、市野川第1地区農道整備に工事費2、850万円、委託料153万3、000円を予算化。延長593m、幅員6mの計画。
 地域生活道路は、町道大蔵146号線改築(延長318m、幅員4m)と町道杉山164号線舗装(延長500m、幅員4m)が対象。工事費900万円。
 地方道路整備には工事費7、200万円を計上。町道1-22号線(延長340m、幅員15m)などを手掛ける。地方特定道路整備も町道1-22号線(延長230m、幅員15m)を中心に事業を実施する。工事費2、300万円。
 交通安全施設整備事業は町道2-9号歩道設置工事などを行う。委託料1、000万円、工事費6、300万円。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野