業界記事

16か所へ補助予定/新年度の子育て支援施設

2004-03-18

 県青少年こども課は、市町村が事業主体となって設置する子育て支援拠点整備の16年度実施予定箇所を明らかにした。
 県の当初予算案には補助金として1億8820万8000円を計上している。
 核家族化が進む中で共稼ぎ家庭は増加しており、放課後における児童の健全育成施設の設置要望は年々高まっている。
 こうした社会的背景を踏まえて、国及び県では学童保育拠点施設設置を促進するため、財政的支援として整備費を助成している。
 整備区分として、小学校敷地や隣接地へ建設する単独整備型と、児童数減少により使用していない教室を利用する余裕教室改修型に分かれる。
 16年度は、単独整備が10か所(高崎市、太田市、館林市、藤岡市、富岡市、松井田町、月夜野町、昭和村)、余裕教室が6か所(前橋市、桐生市、妙義町、笠懸町)の計16か所。
 事業主体別の計画概要は次の通り。
◆単独整備
▽高崎市(2か所)=滝川子育て支援多目的ホール、北部子育て支援多目的ホール
▽太田市=(仮称)城西小学童クラブ
▽館林市(2か所)=(仮称)第2小学校区児童クラブ、(仮称)第8小学校区児童クラブ
▽藤岡市=市障害児学童保育所
▽富岡市=(仮称)高瀬学童クラブ
▽松井田町=町児童クラブ(細野)
▽月夜野町=(仮称)月夜野学童保育所
▽昭和村=昭和大河原学童クラブ
◆余裕教室改修
▽前橋市(2か所)=そうじゃ児童クラブ、あさくら児童クラブ
▽桐生市(2か所)=(仮称)北小学校放課後児童クラブ、(仮称)桜木小学校放課後児童クラブ
▽妙義町=(仮称)町学童クラブ
▽笠懸町=(仮称)笠懸北小学童保育所

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野