業界記事

県障害政策課/新規対象は9か所/新年度の障害者福祉施設整備

2004-03-17

 県障害政策課は、国の補助を取り入れて新年度に整備を計画している障害者福祉施設整備の実施予定施設を明らかにした。
 すでに、国とのヒアリングを済ませているが、国の財政も厳しく全てが採択されるかは未定としており、採択通知は5月下旬から6月になる見通しだ。
 対象施設は、施設種別で12か所。このうち、二之沢愛育会(群馬町)の3事業は今年度からの継続事業で、新年度の新規としては9か所。
 整備種別の内訳は、創設が3か所、改築が1か所、大規模修繕が3か所、設備整備が1か所、スプリンクラー設置が1か所。
 事業主体別の整備内容は次ぎの通り。
【二之沢愛育会(群馬町)】
消防面において、既存の肢体不自由児施設「群馬整肢療護園」へスプリンクラーを設置する。
【笠懸町】
小規模通所授産施設「笠懸町小規模授産施設」を創設する。現在、公共施設の一部を活用して作業所を運営しているが、整備拡充するもの。花・野菜等の栽培及び販売、クッキーの製造販売を授産科目としている。定員は19名。
【(仮称)ぐんぐん(群馬町)】
知的通所授産施設の「(仮称)あい」を創設する。知的障害者の福祉的就労の場を確保するもので、特に自閉傾向にある人への対応に配慮した運営を目指す。授産科目は、紙のリサイクル作業、印刷作業、軽作業等。定員は20名。
【しののめ会(伊勢崎市)】
知的通所授産施設「(仮称)ともいせさき」を創設。ペットボトルの収集やラベルはがし作業、破砕等が授産科目。定員は20名。
【はるな郷(箕郷町)】
知的入所更正施設「かつら荘」の重度棟が老朽したため改築する。併せて、短期入所用居室2床を整備する。定員は50名。
【チハヤ会(笠懸町)】
知的入所更正施設「はーとふるチハヤ」の大規模修繕を計画。浴室、トイレの改修、間仕切りの変更、建具の取り替え等を行う。さらに、段差解消、手すり設置等のバリアフリー整備を行う。定員は50名。
【薫英会(吉岡町)】
知的通勤寮「水沢寮」を大規模修繕する。男子寮・女子寮の浴室、トイレ、洗面所等の修繕や、間仕切りの変更、外壁塗装、屋根の補修等も実施する。定員は30名。
【高崎福祉会(高崎市)】
知的通所施設「ウエルク高崎」を大規模修繕する。集中管理の冷暖房機器が故障したため、各室ごとの冷暖房機器を改修。このほか、廊下、トイレの補修、外壁塗装を行い、施設環境の向上を図る。定員は60名。
【太田松翠会(太田市)】
重心通園(B型)施設「ひまわり学園」への通所用バスを導入する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野