業界記事

道路新設等で2・5億繰越/一般会計は19億追加/土浦市補正案

2004-03-16

 土浦市では、平成15年度の最終補正予算案で、一般会計に19億3946万円を追加した。財政調整基金の積立金に16億1234万8000円、市債管理基金でも積立金に5億1674万7000円を増額しているため。建設事業については補正されていないが、次年度への繰越分を見ると、道路新設改良事業や街路事業など計8事業で、2億5699万5000円が明許されている。一方、特別会計では下水道事業が7873万8000円農業集落排水事業が3171万6000円の減額案となった。
 一般会計では、特に総務費で20億円余りを増額しているのが大きい。財政調整金と、市債管理基金で積立金を増額するとともに、庁舎建設基金やまちづくり推進基金についても積立金を追加しているため。民生費でも公民健康保険特別会計への繰出金に3億4354万8000円、老人保健特別会計への繰出金に約6000万円が増額された。
 ただ、建設事業について補正されていないため、土木費は9689万40000円の減額。農林水産業費では、れんこんの里土浦の建設事業が中止されたことから、9月補正で追加していた設計費や用地の賃借料、造成費を合わせ8394万8000円を減額するとともに、起債の項目が廃止されている。
 ただ、次年度への繰越分を見ると、道路新設改良や常磐道跨道橋の耐震補強、街路事業などで計2億5699万5000円が明許された。
 繰越明許されているのは、<1>道路新設改良事業(1億4677万6000円)<2>常磐道跨道橋耐震補強事業(4991万円)<3>幹線排水路整備事業(640万5000円)<4>都市計画マスタープラン策定事業(1302万円)<5>歴史的町並み景観形成事業(522万9000円)<6>歴史の小径整備事業(2145万5000円)<7>大和上高津線街路事業(700万円)<8>川口田中線街路事業2期(720万円)-の計8事業となっている。
 一方、特別会計を見ると、下水道事業が7873万8000円農業集落排水事業が3171万6000円の減額案となった。
 ただ、下水道事業では公共下水道整備で補助分の汚水管渠布設工事費に1890万6000円、特定環境整備でも補助分の汚水管渠布設工事費に1670万円を追加。次年度への繰越分として、公共下水道整備事業で7438万4000円、特定環境保全公共下水道整備事業で5745万6000円が明許されている。
 農集排では、建設事業についての補正はされていない。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野