業界記事

新年度に木戸橋/五反田久保線改良で

2004-03-12

 妙義町の菅原・諸戸地区において町道五反田久保線の拡幅改良工事を促進している妙義町建設課は新年度、ルート上に架かる(仮称)諸戸橋の工事を発注する見通し。
 国庫補助の道路新設事業として工事が進められている同線は、同町観光拠点の妙義神社も近いことから観光面で交通の利便性を向上させるほか、集落と集落の間を結ぶ主要道路として計画された。全体計画は、主要地方道松井田下仁田線から町道1号線を結ぶL1490mで、幅員は既存の3mから8mへと拡幅する。工事は円滑に進捗を図るため、菅原地区(L930m)を1工区、諸戸地区(L560m)を2工区として、平成6年から1工区の工事に着手した。すでに、1工区については、14年度までに整備が完了しており、2工区については新年度から本格的に着手する。同工区は、17年度を目標に整備する方針で、工区内の測量調査は冨永調査事務所(高崎市石原3207-1電話027-323-9933)が手がけている。また、ルート上には諸戸川を跨ぐ(仮称)木戸橋の架設が計画されており、同橋の設計も同社が今月15日までの履行期間で作成している。同橋は橋長約12m、タイプは設計の中で検討する。

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野