業界記事

6中体育館を盛り込む/水道事業にも工事費/暫定予算案

2004-03-10

 前橋市は8日、3月臨時議会へ上程する16年度一般会計予算等の議案を明らかにした。臨時議会は15日に開会する予定で、高木新市長=写真=が今後の市政運営における所信表明を行う。
 今回の予算案は、高木市長が就任したばかりで通年予算編成には時間が足りないことから、4月~5月までの2か月暫定予算としている。
 そのため、一般会計予算額は238億7190万7000円。予算計上されている事業費は、人件費等の義務的経費がほとんどを占めているが、建設関連事業費としても主に教育費の中で通年予算の可決を待ってからの発注では単年度完成が間に合わない「第6中学校体育館建設工事」や、小学校校舎大規模改修等が盛り込まれている。
 第6中学校は、天狗岩用水路を挟んだ西側へ今年4月から移転する。移転に伴う施設整備は校舎から先行しており、第2弾として16年度は屋内体育館を単年度で整備する。今年度に設計を作成しており、規模はRC造平屋一部2階建て、延べ床面積が約1700㎡。業務は、ミタカ計画工房(前橋市)が手がけた。暫定予算案には、体育館(渡り廊下含む)とテニスコート整備を合わせて3億3116万2000円の事業費を計上している。
 また、同中学校移転後の利用策としては、17年度以降に総社小学校を移設する予定で、これに関連して現6中の校舎大規模改造、西校舎解体工事等を行う。事業費は、小学校校舎新増改築事業(新総社小学校西校舎解体工事・元総社南小学校北校舎解体工事)へ2500万円、小学校校舎大規模改修事業(総社小大規模改造、永明小大規模改造、耐震補強工事=3~4校)へ5億2799万4000円を配分している。また、総社小学校移転整備関連では、民生費で放課後の児童対策充実事業としてそうじゃ児童クラブ整備として1300万円を計上している。農林水産業費で、生産施設及び集出荷機械施設等整備補助1923万4000円、家畜排泄物法に対応するための堆肥舎等施設整備補助へ1713万7000円、簡易堆肥処理施設整備補助へ1062万5000円、市単独農業土木事業(農業用水路等改修工事等)へ7545万5000円を配分。土木費では、道路舗装改良工事(3666万8000円)、側溝新設事業(1080万円)等を盛り込んでいる。
 一方、特別会計予算等では嶺公園特会で墓地造成工事等へ3466万7000円、水道事業会計で(仮称)西部受水場場内整備工事に3800万円、浄水場・配水管等施設改良工事に1億4778万6000円、下水道事業会計で下水道管渠・ポンプ場等施設改良工事へ3497万2000円を計上している。
 (5面に主要事業)

一覧へ戻る

14日間無料トライアルのお申し込みはこちら14日間無料トライアルのお申し込みはこちら
03-3823-6006【平日】10時~18時
エリアカテゴリー
業種で探す
土木
建築
電気
管設備
業務委託
その他
発注機関で探す
国(関東)・法人・民間など
茨城
栃木
群馬
埼玉
千葉
東京
神奈川
新潟
山梨
長野